日本では古くは下着を指す言葉として使われてきたパンツですが、近年では、カジュアルなズボンの意味として定着しています。

パンツを買うときに一番心しなければならないのは、ジャストフィットでしょうすまいるネット

つまりサイズが合っているということです。

どんなに上等な、あるいは最新流行のパンツでも、サイズが大き過ぎたりき
つ過ぎたりでは、シルエットが台無しになります。

まず、ウエストは指1本入るくらいのゆるみがある事。

太ったりおなかが出たりしていると、つい小さめを買ってしまうのですが、これが失敗のもとです。

シルエットは崩れるし、苦しいし、いいこと無しです。

パンツの裾に注意

モーニングカット ・・ スラックスの袖を後ろ斜め下にカットしたもの。
裾がもたつかず、スッキリ足長に見える。

ダブル ・・ 折り返す幅の目安は3.5cm〜4cmまで。それ以外にするとバランスが悪く下品になりがちです。

ロールアップ ・・ ジーンズの裾が長すぎる場合、切らずにあえてまくり上げる事でワイルドな魅力を演出できます。
T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://www.yb51.org/tb.cgi/64

C O M M E N T
塩崎厚生労働相の誕生により、公的資金によるリスク資産への株式投資が促進されるとの期待感が高まったもようです。円安進行が企業業績をサポートしており、日本株を取り巻く環境は良好とみられています。麻生財務・金融担当相は留任となりましたが、臨時閣議後の会見で個人が保有する膨大な現預金を投資に向かわせるため、少額投資非課税制度(NISA)の普及、拡大はやっていきたいと述べています。
まり    [2014/9/3(水) 23:40] [削除]


名前 :
パスワード :
(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  2000


   プレビュー