初代iPhoneが2007年に発売され、6年経った今iPhone5Sに進化しました。
初代は米国だけに発売され、初回出荷数が27万台という爆発的な人気となりました。

以降iPhone3Gから全世界に広がり、中国の10億人といわれるユーザーが加わり、100万台、4Sは400万台、iPhone5が500万台と驚異的な販売数を達成してきました。

そして今回のiPhone5Sも、ゴールドやシルバーは完売状態となっているとかですが、日本国内でも家電量販店の状況は、グレー、iPhone5C等はまだ残っているようです。

アイフォンは浸透しつつあり、新規ユーザーより買い替え需要が多いためか、ゴールドやシルバーの人気機種に集中しているのではないでしょうか?

まだ発表されていませんが、700万台になるともいわれていますので、まだまだ飽和状態とは言えないかもしれませんが、これからは販売数が停滞する時期か来るかもしれません。

ですから、今後も成長し続けるためには、これまでにない斬新な機能が必要となるでしょう。

既に、多くのユーザーがいますので、買い替えに迫ることができればよいのですが、新製品の発売の度に買い替えをさせるアピールポイントが必要でしょう。

パソコン時代に振り返ると、8ビット、16ビットパソコンと買い替えのメリットが大きく、windowsが導入されパソコンは一新し、買い替えと新規需要が増え、家庭にまで浸透してきました。

パソコンは1995年のWindows 95から、18年となります、スマホはまだ6年ですが、スマホはパソコンで養った技術からのスタートですから、パソコン程、新発売の度に斬新さを取り込むのは難しいでしょう。

今後アイフォンがどの様に進化するのか楽しみにしたいものです。

パソコンやスマホのホームページを作るなら賢威6
T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://www.yb51.org/tb.cgi/60

C O M M E N T


名前 :
パスワード :
(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  2000


   プレビュー