年が明けて1月も半ばで、東京では雪が降りました。
300年程前の元禄16年に、赤穂浪士の吉良邸討ち入りがあったのが12月ですが、その日も雪が深々と降っていたようです。

雪が降るような寒い日には、カラダの芯から温かくなれる、温効生姜を・・。

こうみると、自然の季節の変化は余り変わっていないという事でしょう。
寒い都心で、慣れない雪が降ると、いろいろと大変のようです。

雪の成人式14日は成人式で、振袖姿が清しのですが、路面が凍って、足元が心配ですね。
足袋も濡れて冷たいし、振袖で転ぶと後が大変ですけれど、一生に一度の成人式、晴れの姿が多いですね。
ダイエット茶で、スッキリボディーになると、振袖姿になっても、スリムになれます。

総務省によると1992年生まれの新成人の人口は122万人。
総人口に占める割合は0.96%と3年連続で1%を割り込んだとの事です。

ともあれ、成人式を迎えて、それこそ成人として、これから生きる事になるのですが、いきなり雪が降ってキビシイ、社会人の始まりとなったようです。
T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://www.yb51.org/tb.cgi/50

C O M M E N T


名前 :
パスワード :
(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  2000


   プレビュー