福島の原発事故以来、脱原発で原発によるエネルギーが見直され、太陽光エネルギーや風力など再生エネルギー政策の一環として、燃料電池車を開発し多く普及するため、水素スタンドを整備するようです。

燃料電池車は、燃料の水素ガスを空気中の酸素と反応させて動き、排出するのは水だけで、ガソリンのような排気ガスが出ないので環境に優しい車です。

FXなら、ゴルスパFX

水素車は以前から開発されてはいたのですが、水素は爆発しやすいので取扱いが難しく、保存も難しく多くの課題を解決しなければなりません。

しかし、水素は福島原発の爆発事故に見れるように、その爆発エネルギーは大きいので、うまく利用すればガソリンなどより効率的といわれます。

水素を蓄える金属などが開発されているようで、気体で保存するのではないので、安全に利用できるでしょう。

経産省は燃料電池車の市場投入が見込まれる2015年までに、通常の車のガソリンスタンドに当たる水素ステーションを人口の多い首都圏や関西、中部、九州の4大都市圏に100カ所程度整備する計画のようです。

そのためには水素供給設備の低コスト化が不可欠で、来年度から技術開発支援を本格化するようです。

電気自動車などと共に水素自動車が普及すると、ガソリン車も無くなる時代が来るのでしょうか?

漫遊ネット カロリストン
T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://www.yb51.org/tb.cgi/46

C O M M E N T


名前 :
パスワード :
(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  2000


   プレビュー