ギリシャで始まった欧州債務問題で、とうとう大手格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズは、26日、財政状況が厳しいスペインの国債の格付けを、2段階引き下げました。

今なおヨーロッパの信用不安が収まらず、債券市場で国債が値下がりしている中、厳しい経済状況を背景に財政再建が計画通り進まっていない状況の格下げのようです。
日本の外国為替市場も円高傾向が懸念され、日銀は更なる金融緩和を検討しているようです。


小春日和 外国語勉強には英検1級合格法。ゆとりある生活に丸山塾
T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://www.yb51.org/tb.cgi/40

C O M M E N T


名前 :
パスワード :
(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  2000


   プレビュー