電験3種スピード合格術

電気の国家資格である電気主任技術者には、第1種から第3種まで扱える電気工作物の範囲が決められています。

第1種電気主任技術者は全ての電気工作物を扱えるのですが、第3種電気主任技術者は電圧や電力、電気設備の範囲も制限されています。

とは言え第3種電気主任技術者の資格を持っていると、殆どの一般の電気設備の殆どカバーできますので、意義のある資格といえます。

この第3種電気主任技術者になる為の資格試験が一般に、電験3種といわれます。

毎年秋ごろに試験が行われ、試験科目数は4科目ですが、国家試験の中では難しい部類に入り、合格率は10%以下ですので、電験3種短期合格を目指す人が多いのですが、何年も挑戦する方も多いようです。

これは、出題範囲が広範囲である処にあると思います。そのため電験3種合格には、合格テクニックが要るといわれます。

学校の入学試験でも闇雲に勉強しても合格出来ない様に、要点を絞ることで、電験3種も早く合格できます。

特に電験3種の試験は計算問題の採点比重が高いので、計算問題をマスターする事が、「スピード合格」の決め手となるのではないでしょうか。

電気主任技術者は、資格を持っているだけで、企業によっては資格手当てが出る処もあるので、貴重ですね。

勿論、電気工作物を扱う資格本来の仕事に従事する為には、それに相応する資格を所持していなければ従事できませんので、電気主任技術者の要求が無くなる事は無いでしょう。

電験3種を短期で合格するにはこちら ・・・・ 電験3種スピード合格術