衆議院選挙で民主、惨敗

衆議院選挙が即日開票され、自民党が圧勝しました。
議席数が320を超えますので、なんでも出来る体制が出来た事になります。
これも、これまでの民主党政権の混乱の裏返しだと思います。

今は、経済の落ち込み、尖閣による日中関係、普天間問題など、喫緊の課題があり、この圧倒的な議席でどのように解決するのか、見ていきたいと思います。

民主党がこれだけ惨敗してしまったのは、10に及ぶ党が乱立して、票が分散した事が原因の一つとも言えるのではないでしょうか?

320議席という強い執行力を持った訳ですから、これからの政策をどのようにするのか見守ってみたいと思います。

冬の節電

師走に入り、雪も降り始め寒い冬がきました。
お坊さんや先生が忙しく走り回って暖かいかも知れませんが、私は気持ちだけが忙しいので、全く暖かくなりません。
せめて財布でもと想い、宝くじでも買おうかな?と店前に行くのですが、財布まで寒くなるので見るだけです。
でも、当たれば6億円・・今度買おうと思う、今日この頃・・・

年末は、やはり何かとする事が多いですね、年賀状はいつもギリギリまで、書こう書こうという気分だけが積み上がる。

原子力発電が止まって又電力不足になるそうです。
今まで原子力発電だけに力を入れて、他の発電の方法を疎かにしてきたから、原子力発電が止まると発電の代変えがないのです。

原子力発電は寿命は5.60年、廃炉は万年・・200年先は廃炉と新設で日本中原子力だらけで、人が住む処が無くなる。
増して、福島のような事故が今後起きないとは言えない、地震や巨大隕石の落下など、他の発電なら発電所だけが壊れるだけですが、原子力は廃炉でも動かさないといけないので、厄介です。

という事で、今回は、節電のニュースで愚痴ってしまいました。