山中伸弥教授がiPS 細胞でノーベル賞受賞

2012年のノーベル賞で、日本の山中教授がノーベル医学生理学賞を受賞しました。
iPS 細胞の人への応用、再生医療の道を開いた功績のようです。

山中教授は学生時代に柔道をして、何度も骨を折った事から整形外科の医師になろう思われたようです。
悩みゴト解消には旬の知恵

そして、医師になり実際の現場は、骨が折れたという程度のものではなく、難病というどうにもならない医療の世界がある事を知り、今苦しんでいる人にどうすれば治せるのか?という想いから、再生医療の道を選ばれたそうです。

1年2年・・・と病気と闘っている患者をみて、早く実用化したいという想いで失敗を繰り返しても研究に没頭されました。

ノーベル賞の受賞会見でも、医療に早く使えるようにしたいという、医師の痛切な思いが伝わってきて、感激しています。

難しい事はわかりませんが、再生医療は、難病と言われる病気の治療の道を開くと言われます。

このような人、技術にノーベル賞が選ばれた事は、本当に嬉しいものです。
受賞おめでとうございます。

FX売買ならFXバックドラフト、資格取得には資格試験学習法