日銀の為替介入で一時79円台に

為替が歴史的な円高となった事から、政府・日銀は為替介入を実施し、ドル買い/円売りの市場介入し、一時79円台まで戻しました。

為替売買は、FX為替予想システムスナッチ

財務相は31日午前、市場の投機的な動きに歯止めをかけるため、ドル買い/円売りの市場介入を実施したことを明らかにしました。

3月18日に震災による協調介入、8月4日の単独介入に続き3回目の為替介入となります。

財務相は「実体経済を反映しない一方的・投機的な動きが続いている」とし、「納得いくまで介入する」と円高阻止に向けた決意を語っていますが、円高傾向に変わりがない気配でどこまで抑制できるのか不透明な情勢です。

今回の市場介入について、市場関係者は、米長期金利が上昇し始めたというトレンドにも沿った動きで、ダウンサイドリスクが変化する可能性がある。今回の介入によって、これまでのようにどんどんドル/円が最安値を更新することはなくなるだろうと語っています。


視力回復の方法,酵素ダイエット