外為円相場が高水準が続く

外為円相場が高水準が続く

外国為替の相場が、乱高下を繰り返しながら高水準が継続しています。

金運なら幸せの貯まる財布

ギリシャの債務に続き、アメリカの債務も米大統領による債務上限を引き上げという発表など、為替相場は混沌としています。

一時対ドル77円57銭まで上昇し、以降少し戻しましたが円高基調に変わりがないようです。

政府は、株価の急落などがあれば、為替介入もあるという憶測もあり、FXで資産運用している人にとって、目の離せません。

こういう乱高下の相場で資産運用するなら、恋スキャFXROYAL5FXなどの、スキャルピンのトレード法がいいかも知れませんね?

今後、米国債の格下げもささやかれ、一段と円高・ドルとなりそうです。

企業は東日本大震災で輸出が出来なくなった処もあり、円高で更に萎縮すると、震災の復旧にも影響でるのでしょうか?

輸入がし易くなるとは言え、国内生産が少なくなり、失業率が増えると困るので、円相場はやはり安定している方が良いのでしょうか?。

第3種電気主任技術者って

電験3種スピード合格術

電気の国家資格である電気主任技術者には、第1種から第3種まで扱える電気工作物の範囲が決められています。

第1種電気主任技術者は全ての電気工作物を扱えるのですが、第3種電気主任技術者は電圧や電力、電気設備の範囲も制限されています。

とは言え第3種電気主任技術者の資格を持っていると、殆どの一般の電気設備の殆どカバーできますので、意義のある資格といえます。

この第3種電気主任技術者になる為の資格試験が一般に、電験3種といわれます。

毎年秋ごろに試験が行われ、試験科目数は4科目ですが、国家試験の中では難しい部類に入り、合格率は10%以下ですので、電験3種短期合格を目指す人が多いのですが、何年も挑戦する方も多いようです。

これは、出題範囲が広範囲である処にあると思います。そのため電験3種合格には、合格テクニックが要るといわれます。

学校の入学試験でも闇雲に勉強しても合格出来ない様に、要点を絞ることで、電験3種も早く合格できます。

特に電験3種の試験は計算問題の採点比重が高いので、計算問題をマスターする事が、「スピード合格」の決め手となるのではないでしょうか。

電気主任技術者は、資格を持っているだけで、企業によっては資格手当てが出る処もあるので、貴重ですね。

勿論、電気工作物を扱う資格本来の仕事に従事する為には、それに相応する資格を所持していなければ従事できませんので、電気主任技術者の要求が無くなる事は無いでしょう。

電験3種を短期で合格するにはこちら ・・・・ 電験3種スピード合格術