今週の為替相場

ニューヨーク外国為替市場で、10日の円相場は小反発し、前日比5銭円高・ドル安の1ドル=80円25〜35銭で取引を終えました。

戦略投資型FX為替自動売買ROYAL5FX

欧州中央銀行のトリシェ総裁は9日の理事会後の記者会見で来月の利上げを示唆したものの、その後の利上げについて言及しなかったことが意識されたのか、ユーロは対ドルで大幅に3日続落ドル買いが優勢となりました。

また、世界的な景気懸念を背景に、米株式市場でダウ工業株30種平均の下げ幅が一時180ドルを超えるなど、米株式相場が1日を通じて大幅安で推移。

投資家が運用リスクを取りにくくなるとの見方から、ユーロなど相対的に金利の高い通貨を売って低金利の円やドルを買い戻す動きが広がったようです。

スキャルピング為替売買なら、全スキャFX,キウイ王FX