欧州債務問題でスペイン国債も階格下げ

ギリシャで始まった欧州債務問題で、とうとう大手格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズは、26日、財政状況が厳しいスペインの国債の格付けを、2段階引き下げました。

今なおヨーロッパの信用不安が収まらず、債券市場で国債が値下がりしている中、厳しい経済状況を背景に財政再建が計画通り進まっていない状況の格下げのようです。
日本の外国為替市場も円高傾向が懸念され、日銀は更なる金融緩和を検討しているようです。


小春日和 外国語勉強には英検1級合格法。ゆとりある生活に丸山塾

NY外国為替市場でユーロ下落

NY外国為替市場でユーロ下落
ニューヨークのFX外国為替市場では、ドイツとフランスの両首脳がユーロ圏の財政規律強化で合意した事でユーロが下落しました。

FXなら天使の機関銃FX

ユーロの下落は、独や仏などトリプルA格付けの国も含め、欧州各国が今後数カ月以内に格下げされる可能性があるとの警戒感が広まったことが背景のようです。また、S&Pがユーロ圏の全ての国をクレジット・ウォッチ・ネガティブに指定する準備を進めているとの報道があった。

その後S&Pは、ユーロ圏15カ国の長期ソブリン格付けを「クレジットウォッチ・ネガティブ」にすると発表した事を受け、ユーロ/ドルは1.3385ドルと小幅下落しました。ただ、S&Pがこうした発表をするとの見方が既に広がっていたことから、反応は限定的だったようです。

為替はマエストロFX

欧州首会合のほかに今週は8日の欧州中央銀行理事会も注目されています。アナリストは追加利下げと新な流動性措置の発表を予想しているようです。

日銀の為替介入で一時79円台に

為替が歴史的な円高となった事から、政府・日銀は為替介入を実施し、ドル買い/円売りの市場介入し、一時79円台まで戻しました。

為替売買は、FX為替予想システムスナッチ

財務相は31日午前、市場の投機的な動きに歯止めをかけるため、ドル買い/円売りの市場介入を実施したことを明らかにしました。

3月18日に震災による協調介入、8月4日の単独介入に続き3回目の為替介入となります。

財務相は「実体経済を反映しない一方的・投機的な動きが続いている」とし、「納得いくまで介入する」と円高阻止に向けた決意を語っていますが、円高傾向に変わりがない気配でどこまで抑制できるのか不透明な情勢です。

今回の市場介入について、市場関係者は、米長期金利が上昇し始めたというトレンドにも沿った動きで、ダウンサイドリスクが変化する可能性がある。今回の介入によって、これまでのようにどんどんドル/円が最安値を更新することはなくなるだろうと語っています。


視力回復の方法,酵素ダイエット

円対ドルが75円73銭で最高値更新

アメリカ経済の不安な中で、ギリシャの財政危機がヨーロッパの信用不安に広まり、ニューヨーク外国為替市場で円は投機的な買いを受けて一段と上昇しで円が買われ、一時75円73銭の最高値更新しました(25日午前11時)。

円高は輸出を難しくし、日本企業が海外に移動し、日本経済の空洞化を加速する事になり、東日本大震災の復興に影響します。

震災の復興を加速させ内需の特需で、東北に工場などを誘致すれば、雇用にも繋がると思うのですが・・・

円高による景気の影

円高による景気の影

外国為替で円は対ドルで76円台を推移しています。政府の為替介入で一時80円をもち直したのですが、アメリカの情勢がいま一つで、とうとう76円にまで円高となり乱高下の相場展開をしています。

こういう乱高下の相場では、恋スキャFXのようなスキャルが利益をてっとり早く上げられるかも知れません。

一時は80円となり、景気も回復に向かうと思われていたのですが、このまま円高が進むと景気を下押しする懸念があると心配されています。

エコノミストでは最高値を1ドル=75円と予測する人がいますが、それ以上の円高進行を予測するエコノミストもいます。

更に、景気下押し懸念は円高ばかりではなく、電力不足の長期化や、政府による復興政策の遅れも高いハードルとなるとみています。

相場を読むトレードならFX-BACKDRAFTFXバックドラフト

アメリカの金融当局が金融緩和策をとり続ける姿勢を示したことで、世界的な通貨安競争が再発したとの認識を示し、日本政府・日銀が新たな対応を迫られるようです。

その一方で、震災からの復興需要の本格化が景気を押し上げる効果も期待されます。

FXトレード値動きの新法則

FXトレード値動きの新法則

日銀の為替介入で対ドル80円を回復したものの、米株価が急落しています。


こういう時、外国為替のFXトレードでは、FXバックドラフトという、値動きの新法則が人気となっています。



相場を動かすエネルギーの蓄積・ゆらぎ・反応の過程の中で、嵐の前の静けさの「静」から「動」への動きを捉え、テクニカル分析を変える値動きの新法則”FXバックドラフト理論によるFXバックドラフト トレードシステムです。


再描画なし、リペイントなしの、高精度シグナルで、初心者や経験者などで使えかつ、あらゆる相場状況に対応しています。

FXバランサーは、人気のFXトレードシステムです。

リアルトレードにおいて、未来に向かって、どのように相場が動くのか?、どこに向かおうとしているのか?を洞察することが重要です。未来に向かって、相場がどのような反応を示す可能性があるのかを教えてくれる、あなたを後押ししてくれる指針となる確立されたルール、値動きの新法則が必ず必要になるはずです。

そのひとつにFXバックドラフト システムの分析は、お役に立つことができるのではないでしょうか。

シンプルで、短期かつ安全に利益を得る手法、スキャルピングFX プロは、プロも愛用している短期安全資産運用法です。

今為替市場は大きく揺らいでいます、日銀は円高抑制に為替介入をしていますが、アメリカやヨーロッパ情勢の先行きが見えません。政府は、震災の景気落ち込みを防ぐ為にも、あらゆる手段で為替の安定に努めて頂きたいものです。

資産運用の金運を招く開運財布

外国為替市場での円売り介入はいつ

外国為替市場での円売り介入はいつ

為替相場は、アメリカの債務や経済の先行き懸念で、2日には一段と円高に進んでいます。

FX為替の新理論FXバックドラフト

株価も下がり始め、日銀は、急激な円高に対応するため、外国為替市場での円売り介入の検討に入ったというニュースがあるのですが、円売り介入はいつ行われるのか、当然ながら闇の中です。

ニューヨーク市場で1ドル=76円29銭を付けて過去最高値(76円25銭)に迫り、東日本大震災から立ち直りかけた日本経済に打撃を与えかねない事から、追加金融緩和も検討されているようですが、決めては乏しいでしょう。

資産運用で貯めて幸せのたまる財布で、開運を・・。

政府・日銀による市場介入への警戒が出て、1ドル=77円台前半での一進一退の取り引きとなっていますが、アメリカ経済の先行きに対する懸念からドルを売って円が買われやすい状況が続いています。

市場関係者は「今週末に発表されるアメリカの雇用統計が悪い内容だと、円高がさらに進む可能性もある」と話しています。

投資家の間ではリスクの高い金融商品から比較的安全な資産に資金を移す動きが強まっており、東京工業品取引所では3日、金の先物価格が1グラム=4100円余りと、ほぼ29年ぶりの高値まで上昇しました。

FX投資ならマエストロFX

今後、景気にどう影響するか不透明だという見方が強まっており、金の価格はさらに上昇する可能性もある」と話しています。

外為円相場が高水準が続く

外為円相場が高水準が続く

外国為替の相場が、乱高下を繰り返しながら高水準が継続しています。

金運なら幸せの貯まる財布

ギリシャの債務に続き、アメリカの債務も米大統領による債務上限を引き上げという発表など、為替相場は混沌としています。

一時対ドル77円57銭まで上昇し、以降少し戻しましたが円高基調に変わりがないようです。

政府は、株価の急落などがあれば、為替介入もあるという憶測もあり、FXで資産運用している人にとって、目の離せません。

こういう乱高下の相場で資産運用するなら、恋スキャFXROYAL5FXなどの、スキャルピンのトレード法がいいかも知れませんね?

今後、米国債の格下げもささやかれ、一段と円高・ドルとなりそうです。

企業は東日本大震災で輸出が出来なくなった処もあり、円高で更に萎縮すると、震災の復旧にも影響でるのでしょうか?

輸入がし易くなるとは言え、国内生産が少なくなり、失業率が増えると困るので、円相場はやはり安定している方が良いのでしょうか?。

今週の為替相場

ニューヨーク外国為替市場で、10日の円相場は小反発し、前日比5銭円高・ドル安の1ドル=80円25〜35銭で取引を終えました。

戦略投資型FX為替自動売買ROYAL5FX

欧州中央銀行のトリシェ総裁は9日の理事会後の記者会見で来月の利上げを示唆したものの、その後の利上げについて言及しなかったことが意識されたのか、ユーロは対ドルで大幅に3日続落ドル買いが優勢となりました。

また、世界的な景気懸念を背景に、米株式市場でダウ工業株30種平均の下げ幅が一時180ドルを超えるなど、米株式相場が1日を通じて大幅安で推移。

投資家が運用リスクを取りにくくなるとの見方から、ユーロなど相対的に金利の高い通貨を売って低金利の円やドルを買い戻す動きが広がったようです。

スキャルピング為替売買なら、全スキャFX,キウイ王FX