ロシアで隕石が落ち、負傷者多数

ロシア・ウラル地方のチェリャビンスク州付近に、15日朝に落下して負傷者が1000人を超えたようです。

地球には、隕石は多数落ちているのですが、被害は100km以上に及び、これほど多数の負傷者が出たのは例がないそうです。

FXを学ぶなら、マエストロFX

アメリカの航空宇宙局(NASA)は15日、ロシアに落下した隕石は、大気圏突入前の大きさは直径17メートル、重さは1万トンだったと発表しました。

TVでも、隕石が落ちる動画を見たのですが、もの凄い閃光と、衝撃音を伴って落ちていました。

隕石は、どこに落ちるか分からないので、ロシアでさえあれだけの負傷者が多数出た事で、もし、日本に落ちるとどれだけの被害になったのかと思うと、それも原子力発電所などに落ちると恐怖ですね。

国立極地研究所によると、地球に落下する隕石は、直径約20センチ、重さ10キロのもので年間約800個落ちているそうです。
しかし、多くは地表に到達するまでに燃え尽きるか、小さくなるので、被害が出る事は稀なそうです。

東日本大震災の大津波で、福島原発から放射能が発散して、周辺が住めなくなったのですが、稀な事故だったと言われますが、隕石が落ちて原発の格納容器が破損すると、周辺が住めなくなるので、安定電力の供給のやめと言われますが、一度原発事故が起きると、被害は甚大なので、現段階では原発依存はやめた方が良いと思います。

しかし、原子力のエネルギーは大きいので、将来、安全に使えるようにする為、開発を進める事には、異論はないのですが・・・・

まだ、詳細は明らかでないのですが、チェリャビンスク州内の凍結した湖では、隕石落下の衝撃によるものとみられる直径最大約8メートルの穴を確認
、付近で隕石と疑われる黒い小片も見つかったようです。

もし、砂地だったら大きなクレータになったのではないかと思われます。

隕石は、大変な額で取引されていますので、湖に沈んだ隕石も取り出され、いずれ、話題となってニュース紙面を賑わす事でしょう。

また、宇宙の謎を解明する為の貴重な資料となるでしょう。
隕石の直径が大きい場合には、表面は熱で生物などが焼けて無くなってしまうのですが、内部まで熱が届いていない大きさだとすると、微生物なだ生命誕生の謎の解明に役立つかも知れません。

尤も、地球に存在しない生命が出現して、地球を滅ぼすというSFの世界も、皆無とは言えないかも・・・・・??

ゴルフのスコアアップなら、ゴルフ7日間シングルプログラム

衆議院選挙で民主、惨敗

衆議院選挙が即日開票され、自民党が圧勝しました。
議席数が320を超えますので、なんでも出来る体制が出来た事になります。
これも、これまでの民主党政権の混乱の裏返しだと思います。

今は、経済の落ち込み、尖閣による日中関係、普天間問題など、喫緊の課題があり、この圧倒的な議席でどのように解決するのか、見ていきたいと思います。

民主党がこれだけ惨敗してしまったのは、10に及ぶ党が乱立して、票が分散した事が原因の一つとも言えるのではないでしょうか?

320議席という強い執行力を持った訳ですから、これからの政策をどのようにするのか見守ってみたいと思います。

福島県相馬地方の夏祭り「相馬野馬追」

福島県相馬地方は震災と原発事故で大きな被害を受けたのですが、29日に400騎余りの勇壮な騎馬武者が街を練り歩く行列が行われました。
SEOなら賢威
福島県相馬地方の伝統の夏祭り「相馬野馬追」「相馬野馬追」(そうまうまおい)は、1000年以上前に武士の訓練のために始まったとされる相馬地方伝統の夏祭りで、国の重要無形民俗文化財にも指定されています。

馬に乗った騎馬武者たちは、ほら貝を合図に隊列を整え、2キロ先のメイン会場に向かい、途中ところどころで「震災からの復興のさなか騎馬武者が進軍中である」とか「被災された方もいるなか大勢の出迎えご苦労である」と沿道に向かって口上を述べていきました。

「相馬野馬追」祭りは、28日から3日間の日程で行われます。

会場は、南相馬市の一部と隣の浪江町などは今も原発事故の避難区域に指定され、多くの人が避難していて、祭りのために戻ってきた人も大勢いるということで、アナウンスで紹介されると沿道からは大きな拍手が起きていました。

時を同じく、ロンドンではオリンピックが始まり、柔道男子60キロ級で平岡拓晃選手が、銀メダルを獲得、ウエイトリフティング女子48キロ級で、三宅宏実選手は銀メダル獲得など、早くも「銀」2つの幸先の良いスタートとなっています。

ロンドンは熱戦で熱いのですが、日本中は猛暑に見舞われ38度を超える所が多く、暑い日となっています。

熱中症対策は、水の補給だけでなく塩分補給が必要です。ウォーターサーバーなら何時でも安心の水を飲む事ができます。

もうすぐオリンピック

7月27日からオリンピックが始まります、それに先立って選手たちの選手村への入村式が行なわれました。

あと2日しかないので、準備が大変でしょうね。

金が期待されているハンマー投げの室伏選手体操や柔道、水泳など金が期待されていますが、なんといっても、この人、36歳になってもハンマー投げという難しい競技で記録を更新している『室伏広治(むろふし・こうじ)』選手。

「金」は間違いないといわれますけれど、世界の強豪が相手、テレビで練習風景を見た事がありますが、足腰腕など年齢との戦いも加わり凄ましい程の努力に、見入ってしまいました。

体操の内村航平選手、天性の持ち主でしょう、着地の安定感もスゴイです。

選手の皆さんは、これまでの練習の成果を思う存分発揮してほしいものです。

新聞やテレビなどで、今回の金の数はと予想しているようですが、気楽なものだとおもいます。

米の品質調査でレクサスが2年連続1位

6月20日、米調査会社JDパワー・アンド・アソシエーツが、2012年版の米新車品質調査で、トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」が1位となり、2年連続で総合首位となりました。

また、21に分かれた部門別車種ランキングでも、トヨタが、メーカーとして最多の5部門を制覇しました。

トップトレーダーの道、トップトレーダー育成パッケージ

トヨタ自動車の高級車「レクサス」新車品質調査は12年型車を購入・リースした約7万4000人を対象に、乗り始めてから3カ月以内に発生した問題件数を調べたもので、100台当たりの不具合指摘件数で、レクサスが73PP、2位がポルシェとジャガーで75PP、3位がキャデラックでした。

1位と2位はたった2PPの僅差で、業界平均値は102PPとなって昨年より5PP向上しました。

アフィリエイトなら、タイガーアカデミー

日産は前回の17位から9位へ上がり、PP値も117PPから99PPへと、目覚ましく改善を示しました。

最近の米国市場は韓国車が販売台数を目覚ましく伸ばしているのですが、高級車ではクレームが少ないという品質調査で日本車が首位にあるのは、まだまだアメリカでの人気が高い事を証明しているのでしょう。

昨年は東日本大震災たタイの工場の水害で、車の生産が大幅に減少したのですが、この勢いで販売を伸ばして欲しいものです。

また、トヨタ車は過去の大量リコールがあったのですが、素早い対応と自動制御部品が事故と関係が無い、つまり欠陥ではないと調査結果などもあり、トヨタ車に対する米国の消費者の信頼が順調に回復していることを裏付けた、品質調査結果だったのではないかと思います。

アライアンス寺子屋塾毎日酵素

尚、この米新車品質調査は、今年で26回目となり、2012年モデルを新車で購入またはリースした顧客を対象に、納車から90日後の初期品質について調査したものです。

質問項目は、製造不具合や設計不具合など合計228項目で、今年2‐5月にかけて、7万4000人以上から回答を得たものです。

太陽の力で飛ぶ「ソーラー・インパルス」

福島原発事故以来、ソーラー発電(太陽光発電)が脚光を浴び、各個人の家の屋根にも多く設置されるようになってきました。
太陽光は自然の中の無限のエネルギーとも言えるのですが、自然と言うだけあって天候に左右されるのが難点です。
自然の酵素なら植物酵素、更にエネルギーも少ないので、1か所で大量の発電をするには広大な面積・敷地が必要で原子力発電に代わるのは難しいでしょう。
ただ「塵も積もれば山となる」と言われるように、各家庭の屋根に置けば、不足分を補うだけでよいので、発電所なるものの電力量はおさえられるでしょう。
ソーラー自動車も開発されていますが、所有面積などで実用には多くの問題がある様に思います。
26時間飛行に成功したソーラー飛行機・ソーラー・インパルスそんな中、ソーラー飛行機はどうかというと、雲の上を飛べば天候に左右される事がないので、永久に飛ぶという事も理屈では可能の様に思います。
スイスの有人ソーラー飛行機・ソーラー・インパルスは、2010年7月に昼夜通して26時間の連続飛行に成功しました。
ソーラーエネルギーだけで飛ぶ飛行機として初めてのようです。
ソーラー電池は1万2000個使用し、日中の14時間で、夜間飛行の電力を蓄電して連続飛行します。
今後は世界1周を目指しているそうです。
ソーラー・インパルスは、乗員1人、450 kgのリチウムイオン電池で蓄電、全長は21.85 m 、全高は6.40 m 、翼幅は63.4 m、11,628 個の太陽電池という仕様のようです。
翼幅が63mで1人乗りの飛行機という事になりますので、実用にはまだまだ問題が多いでしょう。

酵素で健康生活 英語勉強法

ムンクの【叫び】96億円で落札に想う

5月2日の米国のオークションで、ノルウェーの画家エドバルト・ムンクの代表作「叫び(The Scream)」4点のうち唯一個人が所有していた1点が、競売大手サザビーズで競売にかけられ1億1990万ドル(約96億)で落札されました。
ムンクのオークション落札風景

海外通貨売買ならマエストロFX

悪夢に出てくるような人物像と不気味な色使いが特徴的な「叫び」は、現代における実存的な不安と絶望を象徴的に描いた世界で最も有名な絵画の1つとされ、2010年に落札されたスペインの画家パブロ・ピカソ作「ヌード、観葉植物と胸像」の1億650万ドルといい、絵心のない私にとって不思議な世界です。

1893年に作成された、縦91cm×横73.5cmの油彩画、幼少期に母親を亡くし、思春期に姉の死を迎えるなど病気や死と直面せざるを得なかったムンクが、「愛」と「死」とそれらがもたらす「不安」をテーマとして制作されたものといわれます。

今なお、突然に最愛の人を失う現状は変わらず、それがこの「叫び」に表現されているのでしょうか。それにしても100億円、以前会社のお金をカジノに使ったという事件もあり、この欲望自体が「叫び」に見えてくるのですが・・・

5月のゴールデンウイークの小春日和のひと時、いつまでも平穏でいたいものです。今日で連休も終わりです、ハイウエイオアシスで散策などをして、ゆっくり くつろいで連休明けの活力をつけたいものです。